家電におけるレコーダーではダビング機能が必要です。容量が足りないときに、自動的に調整するものがあります。

最適なダビング!驚きのレコーダー性能
最適なダビング!驚きのレコーダー性能

家電において最適にダビングしてくれるレコーダー

テレビ放送において、延長が行われることがあります。スポーツ中継ではたまにあります。野球やサッカーでは、試合によっては延長があります。最後まで結果を知りたいですから放送はありがたいのですが、困ることもあります。録画をしていたり、予約を入れているときです。容量の限られているディスクで録画をしているとき、延長によって容量を超えてしまうことがあります。そうなると、中途半端な記録になってしまいます。また、その次に予約していた番組が延長によってずれてしまうことがあります。自分自身が録画したいと思っていたものではない番組が録画されることになります。時間を指定して予約をしていると、このようなことが起きるので注意します。

延長後の予約については、番組を予約することで対応できることがあります。こちらであれば延長されても、録りたい番組に合わせて調節してくれます。問題はディスクが足りないときです。この場合は仕方がありません。家電製品によっては、レコーダーで録画の画質を選んで容量を変化させることができることがあります。きれいな画質だと、容量は減ります。一方、それなりの画質であれば容量を増やすことが出来ます。映像などで美しさを求めないのなら、それなりの画質を選んでおき、自然など美しさを求めるときは高画質を選びます。延長がありそうなときは、容量に余裕を持たせるために画質を落とすようにしておけば、問題なく録画することが出来ることがあります。

ダビングにおいても同様の問題があります。3時間の番組を2時間のディスクにダビングしようと思うと、ディスクの画質をある程度調節する必要があります。それとディスクを2枚に分けるかです。1枚で行うときは、ダビングを途中で停止する必要があるので途中で空白ができてしまいます。ある機種においては、自動的に最適なダビングをしてくれるようになっています。部分的に画質は変化しますが、3時間の放送をきちんと収めてくれます。

注目の情報



Copyright(c) 2019 最適なダビング!驚きのレコーダー性能 All Rights Reserved.